美乳さんはみんなやってる!?やって得するおっぱい体操

おっぱい盛り方

おっぱい体操は、1日10分の作業だけでバストの悩みを解決してくれる、魔法のような体操。これをマスターして、バストの悩みが軽くなれば洋服選びも楽しくなるし、海やプールのデートで水着姿に自信が持てるように!即実践したいおっぱい体操とは?

おっぱい体操は悩める女子の救世主

 

「おっぱい体操」がブームになり、多くの人がその言葉を耳にする機会が増えました。

意外と多くの女子が感じている“おっぱいの悩み”。大きさだけではなく、形や見た目なども悩みの種になること多いもの。

そんな悩める女子の救世主になるのが、この「おっぱい体操」。10分程度の体操で、形が良くなりバストアップもできるとあって、頑張って続ければバストの悩み解消に期待できそう!

元助産師さんえある神藤多喜子さんが考案する、おっぱい体操の効果ややり方をみてみましょう。

おっぱい体操の効果

バストアップはもちろん、肩こりや生理痛の緩和も実感できる!

おっぱい体操は、バストアップに効果があるのはもちろん、形を良くしフワフワの女性らしいバストを作るのに効果を発揮します。

その他にも、女性に嬉しい効果があるのはご存知でしたか?

 

私たちは、普段バストをブラジャーなどで締め付けて生活しています。それは、下垂の防止にはなりますが、血液やリンパの流れを悪くすることにもつながります。

リンパの流れが悪くなると、バストアップを促す女性ホルモンが、スムーズに乳腺に届くのを防ぎ、バストが成長するのを妨げてしまうこともあるんです。

 

そこでおっぱい体操が効果を発揮するのですが、血液やリンパの流れが良くなることで、肩こりや生理痛が軽減したという声が多く上がっています。

また、バストケアをすることで、女性ホルモンのバランスが整い、顔や首周りのシワやたるみに効果が出たり、血流の流れがよくなり美肌効果につながることもあります。

実は関係があった!?おっぱい体操と乳がん

おっぱい体操で乳がんも予防できる!

 

女性の中には、乳がんを心配する人も少なくないでしょう。とても身近な病気ですし、お母さんや知人が乳がんになったという話しも、年々多くなっていきます。

「自分は大丈夫?何か予防策は?」と心配な方は、バストアップしながら乳がん予防もできる、おっぱい体操はかなりおすすめです。

なぜ、おっぱい体操が乳がん予防にいいのでしょうか?

血流やリンパの流れを良くするので身体が温まる

 

がん細胞は、低体温であるほど活発になるというデータがあります。「冷えは万病の元」と、昔から言われるように、体を冷やすことは体にとって良いことではありません。特にバストを触って、ひんやり感じる人は要注意です。

 

おっぱい体操は、実践すると分かるのですが、終わった頃には上半身がポカポカしてくるのを実感できます。

血流やリンパの流れが良くなることで、バスト周辺が高体温になっている証拠です。おっぱい体操で体を温めることで、自然と乳がん予防になっているということなのです。

癌細胞は39~42度で死滅

 

がん細胞は、39~42度で死滅すると言われています。また、体温を1度上げると、免疫力は5倍程度上昇するというデータもあります。

このことから体を温めることは、がん予防に有効な手段と言えます。

体を温めるためには、湯船につかって体温を上げるのが効果的なのですが、体温を1度でも上げて常日頃がん予防する手段として、おっぱい体操を日課にするのも、健康な体をキープするのに最適です。

簡単なおっぱい体操のやり方を伝授!

胸筋や側胸筋についている脂肪をはがす!

バストの靭帯や脂肪は、胸筋や側胸筋に張り付いてしまうことで、動きが悪くなり張りがなくなってしまったり、バストアップの妨げになってしまいます。

まずは、おっぱいの靭帯を胸筋などから少しずつやはがし、自由にしてあげることが必要です。

 

  1. 右手を熊手のような形にして、肩甲骨の下側から脇の下へ流すようにします。筋肉からおっぱいを引きはがすイメージですると効果が出やすくなります。
  2. その後、脇の下からおっぱいの中央に、おっぱいをほぐるように寄せていきます。
  3. 同じ方法で、左手で右胸のおっぱいをはがします。それぞれ10~15回行います。

 

痛いと靭帯を圧迫している可能性があります。強くほぐしますが、おっぱいの近くで痛みを感じる場合は、痛くない所まででほぐすのをやめましょう。

おっぱいを揺らす

おっぱいはがしが終わったら、固くなった脂肪を動かし柔らかくすることと、リンパの流れを良くするために、1秒に3回ぐらいのリズムで10秒間おっぱいを揺らします。

  1. 片方を、中央に向かって斜め上に揺らしていきます。逆も同様です。
  2. 仕上げに、両方のおっぱいを下から持ち、上に向かって同じリズムで揺らしていきます。あまりあまり激しくすると、下垂させてしまう可能性があるので、注意してください。

授乳中のおっぱい体操の効果

 

おっぱいの血流を良くすることでお乳も出るようになる

授乳中のママにとっても、おっぱい体操は効果的です。おっぱいを揺らすことで、母乳が出やすくなるので、痛みがなければ積極的にやりましょう!

痛みが出た場合は、力を加減しながらおっぱいの状態を確認しながら続けてみてください。

 

また、授乳後の垂れた胸に悩む女性も多いですよね。おっぱい体操は、下垂したおっぱいにも張りを与えてくれるので、諦めず挑戦してみてください。

ナイトブラでバストアップ促進

ノンワイヤーのナイトブラで心地よい睡眠を

おっぱい体操で、バスト周辺の流れを良くしたら、就寝時にも気を付け効果をアップさせたいものです。そこで、オススメなのがナイトブラ。

寝ている間も、リンパや血液の流れを妨げないので、心地よく就寝することができます。

ふんわりノンワイヤーで守られているのに、全く窮屈感を感じず美乳の形をキープします。

寝ている時の横流れを防止

わたしたちは、寝ている開いたも重力の影響を受けて、バストは横へ流れてしまいます。それが毎日睡眠中の何時間という間続くと言うことは・・・考えれば理解できますよね。

バストの形をキープするためには、この横流れも注意が必要なんです。そんなバストの横流れ対策にも、ナイトブラは有効なんです!

おっぱい体操で美乳と健康を手に入れる!

amazon商品

https://www.amazon.co.jp/%E7%A5%9E%E8%97%A4%E5%A4%9A%E5%96%9C%E5%AD%90%E5%85%88%E7%94%9F%E3%81%AE%E3%81%8A%E3%81%A3%E3%81%B1%E3%81%84%E4%BD%93%E6%93%8D%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%89Plus-%E4%B8%BB%E5%A9%A6%E3%81%AE%E5%8F%8B%E3%83%92%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA-%E7%A5%9E%E8%97%A4-%E5%A4%9A%E5%96%9C%E5%AD%90/dp/4074039044/ref=sr_1_3?ie=UTF8&qid=1483543333&sr=8-3&keywords=%E3%81%8A%E3%81%A3%E3%81%B1%E3%81%84%E4%BD%93%E6%93%8D

 

おっぱい体操は、たったの10分でできる美乳対策。最初は難しく感じるかもしれませんが、やっているうちにコツが分かってくるはずです。

美乳と、女性には嬉しい美肌やアンチエイジング、肩こりや生理痛の緩和と、嬉しいことばかりのおっぱい体操に、さっそく今日から取り組んでみませんか?

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おっぱい盛り方
今年の水着どうする?巨乳に見えるグッズで夏を楽しく満喫!

水着を着ていても、「巨乳」に見えるグッズがあれば便利ですよね。水着を着たとき、胸をどのように盛るのか …

おっぱい盛り方
今年こそ水着に挑戦!小さい胸でも自然に見える谷間の作り方は?

水着を着用したときの、谷間の作り方をご紹介します。理想的なのは、自然に「谷間」ができること。谷間がで …

おっぱい盛り方
おっぱいは豆乳で大きくすることができるの?その方法や注意点は?

「豆乳」はバストアップを助けてくれる飲み物って聞いたけど、コンビニでも手軽に買える豆乳で本当におっぱ …